あれもこれも。

感じたことをつらつらと、シンガポールからお届けします。

【セレブ気分!コスパ最高!】シンガポールのハイティー

 

どうも、シホコです。

 

明日はセンター試験ですね。

 

わたしも3年前に受けましたね~、それはそれは緊張して、

友達としゃべることで緊張をほぐしていたのを覚えています。

 

座席は1番前の席でした。

 

受験生のみなさん、ガンバレ!!!

 

さて、今回はシンガポールで有名な”ハイティー”という食文化をご紹介したいと思います。

 

 

ハイティーとは??

 

シンガポールはイギリスの植民地だったということはご存知ですか?

(恥ずかしながらわたしはシンガポールにくるまで知りませんでした汗)

 

その歴史的背景から、いまでもイギリス文化がシンガポール国内で見受けられるんです。

たとえば、2階建てバス、イギリス英語表記、教育制度、紅茶など。

 

アフターヌーンティーという文化もシンガポールにはあるんです。

 

よく目にするのは3段のティースタンドに、お菓子や軽食が盛られたものですかね。

午後に軽い食事と紅茶を楽しむ食習慣です。

 

調べによると、現在ではアフターヌーンティーとハイティーはほぼ同義の言葉として捉えられています。

 

違いを明記するとするのであれば、アフターヌーンティーは上流階級が、ハイティーは労働階級が始めた食習慣で、ハイティーの方が時間帯が遅めということです。

 

通常ハイティーは午後からホテル内で提供されています。そのため、いつもより少しおしゃれをしていったりします。

ドレスコードはホテルによって有無がありますが、その空間に合わせてきれいめな服装をしたほうがベターだと思います。)

 

端的にいうと、ハイティーとは豪華なホテルで、美味しいごはんと紅茶とおしゃべりを楽しみ、ちょっぴりセレブ気分を味わえちゃう食文化です。

 

それでは、今回はわたしがいままでに体験した2つのハイティーをご紹介します。

 

 

Fullerton Hotel

 

f:id:s132809:20160116020440p:plain

 

 

 Fullerton Hotelは歴史的建造物としても有名な高級ホテルで、場所はマーライオンの真後ろにあります。

建国50周年の際にはプロジェクションマッピングもやっていました。

 

こちらではホテルのコートヤードでハイティーが提供されているので、とても開放的な空間が印象的でした。

 

 

f:id:s132809:20160116022004p:plain

 

 

時間帯は平日が午後3時~6時、週末は2部制になっており、午後2時~4時と午後4時~6時となっています。

 

同じサービスを受けるのであれば、平日にいったほうがぜったいにお得ですね。

 

周りを見渡すと若者はぜんぜんいないですね~

現地の人も見受けられないですね~

 

外国人観光客、カップル、日本人駐在妻(通称駐妻)だと思われるおばさまたちとそのお子さんたち、そして日本人、日本人、日本人、、、

 

このホテルは日本人が多かったですね~

さすが日本人、みんなお金持ってますね~

 

 

f:id:s132809:20160116023028p:plain

 

 

さてさて、さっそくお茶を選びましょう。

 

こんなに種類があるんですよね~

Black tea、Red tea、White tea、Blue teaなどなど、そこからまたいろいろな種類の紅茶があって迷います!お茶好きにはたまりません!

 

でもこちらでは紅茶が何回でもおかわりできて、その都度異なる紅茶を選べるんです。

紅茶だけでなく、コーヒーやアルコールもあります。

 

わたしのおすすめは"Happy Birthday"と"Fruit Mountain"です。すっごく香がよくて、ほんとにほんとにうっとりするくらい美味しいです。

 

 

f:id:s132809:20160116023636p:plain

 

 

これがあのよくみるやつですね!

 

スタッフさんがひとつひとつ、どんなお料理なのか説明してくれましたが、シンガポール人の中でも稀にみる早口さで、3分の2くらいしか理解できませんでした。

 

多国籍国家シンガポールの良さとイギリス文化をいい感じに混ぜたメニューです。

きゅうりとサーモンのサンドイッチ、ミニハンバーガー、スコーンがおいしかったです。

 

ちなみにスコーンは半分に割って、クリームチーズをぬって、お好みでジャムもぬって、はさんで食べるのがイギリスの食べ方らしいです。(イギリスの大学に通う友人が教えてくれました。)

 

これを2人でシェアしながら食べます。

 

「え、シェアして食べるん?量すくなっっっっっ!!」

 

って思ったでしょ。わたしも思いましたよ。

 

で、す、が、こちらのお料理、なんと!

 

食べ放題!!

 

スタッフさんがお料理をもって各テーブルに、いりますか?と聞きながら回ってくれるんですね。

 

歩かずともお料理からやってくるとは、すんばらしい、、、。

 

しかもちゃんとお皿をみながら回っているので、いいタイミングできてくれるんですよね~

 

わたしたちは普段学校でこんなにおいしい食事をできないので、食い意地がはり、すぐに食べてしまうので、何回も回ってきくれましたw

 

サービス最高ですね。

 

気になるお値段は??

 

わたしがFullerton hotelでハイティーを頂いたときは、友人のご両親がシンガポールに旅行できていたので、ごちそうになってしまいました。。。

 

なので詳細はわかりませんが、4人で200ドルくらいだったとおもいます。

なので1人50ドル、だいたい5000円弱ですね。

 

高いと感じるかもしれませんが、食事のクオリティ、食べ放題、高級紅茶飲み放題(TWGというブランドの紅茶は15袋で40ドルくらいします)、質の高いサービス、そして高級感あふれる空間を考えると、このお値段そんなに高くはないのでは、、、?

 

しかも!うれしいことに、お腹がはちきれるほど満腹になれるので、朝を抜いて、昼ごはん兼夜ごはんとして済ませれば、食費を浮かせます!

 

コスパ高い!!シンガポールのハイティー!!!

 

ずいぶん長くなってしまったので、ここからはもうひとつわたしが体験したハイティーをぱぱっと紹介します。

 

Shangri-la Hotel

 

f:id:s132809:20160116032638p:plain

f:id:s132809:20160116030914p:plain

 

こちらも食べ放題飲み放題(茶葉は1人1種類のみ)で、平日であれば最大午前11半~18時まで滞在できるんです。

 

Shangri-la hotelはその軽食の豪華さが特徴です。とにかく種類が多いんです。

 

お寿司、中華料理、シンガポール料理、洋食、お肉料理も魚料理もサラダもチーズまで、とても充実しています。

 

デザートも種類が豊富で、スコーンはもちろん、ケーキ、プディング、マカロン、アイスクリーム、フルーツ、、、きわめつけは、チョコレートフォンデュ

 

こちらはすべて自分でとりにくバッフェスタイル。お皿の交換はスタッフさんがすぐに気づいて片づけてくれます。

 

こちらもお値段は約50ドルくらいです。食事の豪華さでいえば、Shangri-la hotelがおすすめですね。

 

 

f:id:s132809:20160116032439p:plain

f:id:s132809:20160116032519p:plain

f:id:s132809:20160116032535p:plain

f:id:s132809:20160116032553p:plain

 

まとめ。

 

いかがでしたでしょうか?

 

どちらも最高にすばらしいハイティーでした。Fullerton hotelはザ・アフターヌーンティー、Shangri-la hotelは超豪華なバッフェってかんじですかね。

 

ほかにもシンガポールにはホテルがたくさんあるので、またべつのハイティーを楽しみたいものです、、、お金ふってこい。

 

 

シホコ

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする