あれもこれも。

感じたことをつらつらと、シンガポールからお届けします。

【おすすめのシンガポールフード】Butter Prata(バタープラタ)

 

こんにちは、シホコです。

 

今週は教授が体調を悪くなさったらしく、休講が2つでたので、勉強してないな、、、と感じた1週間でした。

 

中国語、さいきん楽しいです、ふふふ。

また履修科目に関して書こうと思います。

 

それでは今回は、シンガポールでおすすめのローカルフード第二弾いきます。

 

(ちなみに前回はバクテーでした。)

 

Butter Prata

 

たらーーーん!

これがわたしのお気に入りのシンガポールローカルフードのバタープラタ(butter prata)です。

 

f:id:s132809:20160129023959p:plain

 

すごくシンプルなごはんです。

 

カレー。

ナンのような生地。

 

以上です。

 

そもそも"prata"とは?

 

シンガポールにはRoti Prata(ロティプラタ)とよばれる、ナンのような、薄めのホットケーキのような食べ物があります。

 

調べによると、Rotiとは「パン」Prataとは「平たい」を意味しているそうです。

 

通常のロティプラタは味付けはほとんどなく、ほんとに薄いパン、ナンといった感じですね。

 

もちもちしたものや、カリカのもの、その中間くらいのものなど、お店によって焼き加減や味も異なります。

 

ロティプラタにはさまざま種類があり(たとえばチーズ、卵、バナナなど)、その中でわたしが最もおすすめするのがバタープラタです。

 

なぜバタープラタ?

 

ロティプラタはシンガポール国内のいたるところで食べることができます。

 

その中で、わたしが最もおすすめしたいのはMRT(シンガポールの電車)のPioneer駅にあるホーカーセンター(地元民向けの屋台、フードコート)のインドカレー屋さんのバタープラタがおすすめです。

 

f:id:s132809:20160129023608p:plain

 

ここのバタープラタはバターとお砂糖の加減が絶妙で、生地はカリカリで、バターの香が食欲をそそります。

 

カレーもちょうどいい辛さで、本当においしいんです。

 

シンガポール人の友達と食べにいったときは、いままで食べたロティプラタの中で一番おいしい!!と感動していました。

 

ローカルも認める味です。

 

そして値段もS$3.5(約300円)と安いです。

 

ここのホーカーセンターはどのごはんもけっこう美味しかったです。

 

f:id:s132809:20160129023828p:plain

 

シンガポールにお越しの際はぜひ一度ロティプラタ、バタープラタを食べてみてください。

 

今週末また食べにいこうかなあ。

 

 

シホコ

 

 

広告を非表示にする