あれもこれも。

感じたことをつらつらと、シンガポールからお届けします。

【Singapore Art Week】アートを楽しむとは

 

こんにちは、シホコです。

 

更新をサボってしまいました、あかんあかん。

 

続けることが大切ですね。

 

日本は大寒波が押し寄せているようで、、年間平均気温30度のシンガポールから心配しています。

 

きょうもシンガポールはあたたかいです、あついです。

 

さて、今回はSingapore Art Weekというイベントが先週1週間開催されていたので、そのことについて書いていきたいと思います。

 

Singapore Art Weekとは?

 

f:id:s132809:20160125183544p:plain

(以下Singapore Art Week参照)

 

"Singapore’s annual celebration of the visual arts returns in January 2016!

From art enthusiasts and seasoned collectors, to those new to the world of visual arts, this year’s edition has something for everyone.

Look out for special exhibitions and programmes, experience unique art tours and film screenings, get a taste of urban art, check out gallery openings, art fairs and conversations, and much more."

 

このイベントを通して、アートに関わる人や興味のある人など、だれもがアートに触れることができるチャンスをつくりだしているんです。

 

シンガポール国内のさまざまな場所で、art weekに沿ったイベントが開催されました。

 

f:id:s132809:20160125183234p:plain

 

平日は学校があるので、すべてに足を運べませんでしたが、金曜の夜に「ART AFTER DARK」というイベントへいってきました。

 

ART AFTER DARK

f:id:s132809:20160125184049p:plain

 

金曜の夜限定で開かれたこのイベントには、約2000人もの人が訪れ、トレーラーのような建物の中に展示された作品をみて回ったり、野外ライブを楽しんだりしました。

 

お酒やトートバッグなども無料でもらえました。

 

 

そしてこちらが一番賑わっていたギャラリー、ANDY WARHOL: SOCIAL CIRCUS。

 

f:id:s132809:20160125190509p:plain

 

Andy Warholに関しては、UNIQLOとUTでコラボしてたぐらいの知識しかありませんが、これだけの人を惹きつける彼の世界にわたしも魅了されました。

 

f:id:s132809:20160128223106p:plain

f:id:s132809:20160128223141p:plain

f:id:s132809:20160128223212p:plain

 

真っ暗な部屋に星形の銀色の風船をたくさん詰め込んで、床から扇風機の風をおくり、風船がふわふわ。同時に強烈なフラッシュもバチバチ起こっています。

 

なんだこれは、って感じです。

 

f:id:s132809:20160128223231p:plain

 

そのほかのギャラリーで素敵だなとおもったものを紹介します。

 

f:id:s132809:20160128223737p:plain

 

これ、天井に設置されたボトルから墨汁のような液体がぽたぽたと落ちてきているんです。現在進行形の作品、初めてみました。

 

このモノトーンの世界もタイプです。写真を撮ると一枚の絵画みたい。

 

f:id:s132809:20160128223750p:plain

 

f:id:s132809:20160128224138p:plain

 

ケーキみたい。おいしそう。

 

f:id:s132809:20160128224256p:plain

 

こういうデスク、かっこいいですね。

 

そして、世界中を旅している写真家のSteve Mccurryさんの写真展。

このアフガニスタンの少女の写真は誰もが一度は見たことのある一枚ですよね。

 

f:id:s132809:20160128224429p:plain

 

やはり写真は画像ではなくて写真でみると、自然と細部にまで目がいき、一枚一枚丁寧にみれますね(とわたしは思います)。

 

f:id:s132809:20160128225332p:plain

f:id:s132809:20160128225455p:plain

f:id:s132809:20160128225541p:plain

f:id:s132809:20160128225557p:plain

f:id:s132809:20160128225645p:plain

 

見たことない世界を写真を通して知り、旅欲がふつふつと沸いてきました。

この写真展の中で、インドでの写真がとても多かったので、必ず訪れたいですね。

 

さいごに、シンガポールで有名なバンド、INCHIの野外ライブを聞きながら、このART AFTER DARKを締めくくりました。

 

f:id:s132809:20160128230138p:plain

 

まとめ。

 

なんだろう、アートに触れたあとってすごく心が満たされた、幸せな気持ちになります。

 

わたしはすごく頭で考える人間だから、自分には考えもつかない世界をみることで、少しずつ自分の世界を広げていけてる気がするのです。

 

人それぞれ、作品に対する感じ方捉え方は違う、だからそのバラバラな感覚を共有することもまた、人と人を近づけ、心を豊かにしてくれる気がします。

 

人それぞれの感覚がある中でも、ひとつの作品に対して同じような感情を抱くことだってあります。いっしょに楽しむことができるのも素敵です。

 

わたしにとってアートを楽しむことは、自分の感覚を最大限に研ぎ澄まして、心を新しい世界に連れて行って得たしあわせな気持ちを、普段の生活での活力にすることです。きっと。

 

読書と似てますね。きょうは石田衣良さんのブルータワーを読んで寝ようと思います。

 

 

シホコ

広告を非表示にする